想い
じいちゃん。もう何年経つかな。亡くなる2ヶ月前にお見舞いに行ったときね、なんか、なんか、帰りたくなくて、でも帰らなきゃならない時間になって、そしたら、じいちゃんが、ベッドに横になってたじいちゃんが、こっち向いてさ、私の名前を呼んだんだよね。5歳のころと同じ呼び方で呼んだの。「ん?」って返事をしたら、じいちゃんさ「じぃじ大丈夫だ」って言ったんだよ。あれがさ、忘れられないのさ。でもさ、じいちゃんはウソつかないから、 「また、来るね」って帰って、すぐに2ヶ月後の飛行機とって、今度は妹と帰ろうとしたのに、帰る日の1週間まえだったかな。妹ともうすぐだねって話してた頃、パパから電話でね、聞いたんだ。じいちゃんが亡くなったからって。パパとママは、無理して帰ってこんでいいからな、好きにしなって言ったけど、じいちゃんのこと送りに帰らないなんて考えなかったよ。妹とね、笑ったの。「じいちゃんは、私達が何度も行ったりきたりしないように、タイミングはかったのかね」って。「じいちゃんらしい」って。声が聞こえる気がしたよ、「なんもなんべんも飛行機代もったいないべ!1回でいい!」ってね。言いそう!って今でも妹と笑うんだ。じいちゃんのひ孫は3歳になったよ。一番会わせたかったな。じいちゃんが死ぬって思わなかったんだ。よくわかんないけど、いなくなるって思わなかったんだ。医者嫌いで薬嫌いで、病院にいたら長く生きられたかもしれないけど、ばあちゃんも大変だったけど、最後にあったときのじいちゃんは、なんかいつもどおりで、嬉しかったのを覚えてるよ。病室なんて似合わないから。柵付きのベッドに寝てたじいちゃんは、定位置に座って、ばあちゃんが育てる観葉植物があって、小さなファミコン用のテレビの前で晩酌してたじいちゃんと重なって見えたんだ。結婚式間に合わなくてごめんなさい。今だって挙げてないけどね。ひ孫遅くなってごめんなさい。こないだ、久しぶりに連れて帰って、ばあちゃんちに行って、壁にあるじいちゃんの写真を見たら、やっぱり、泣けてきちゃって。じいちゃんがどれだけ、私達を思ってくれてたか、毎日うちに来て雪はねして、玄関から「じーじ帰るぞ」って声かけてくれたとき、なんで送りに行かなかったんだろう。子供ってさ、ひどいもんだね。 食べれないおかずを「どれ、じーじによこせ」ってニコニコしながら食べてくれたじいちゃんともっと話せばよかった。今の仕事に就いたとき、「お前はじーじの家系だからそういう仕事するんだな、じーじの孫だな」ってニコニコしながら話してたの忘れられないから、今の仕事辞められないよ。私の息子のことを目を細めてみてるパパとママを見て、いつも味方してくれたじいちゃんのことが、私は大好きなんだなーって実感しています。大好きです。愛してます。「なーによ」って笑われそうだけど、じいちゃんみたくなりたい。私も歳を重ねて天国にいったら、じいちゃんにいろんなこと話したいな。大人になってから、もっと話したかったな。またね。また遊びに行くね。ときどきは、ばあちゃんに会いに行ってね。
0
2年 0 想いコメント 434 アクセス 0

想い
あの日は何時間も一緒にいたのに、なんて時間が過ぎるのはこんなに早いのか。たった数日前の出来事だったのに、体感では数ヵ月も前の話のような気がする。 …というかかれこれ5年ぐらい一緒にいたはずが、それだって本当は私の記憶違いかもしれない。もしかしたら数分間しか私たちは会話したことないのでは…?それぐらい、あっという間だった。 ただ強烈に覚えているのは、君と最後に会ったあの日、別れ際に私は泣きそうになった。もういっそのこと、抱きつこうかとも考えてしまった(お酒飲んでないし、飲んでたとしても迷惑だろうと思うので、そんな勇気はなかったけど)。 近々連絡を取り合わなければならない用事があるので音信不通にはならないにしても、もしかしたらもう二度と直接会うことはないかも…と思ってしまい、必死に喋っちゃったよ。寂しさをごまかすのは思ったよりもむずかしくて涙目だったんだけど、バレてたかな。バレてたら恥ずかしい。 家に帰ってからはぼんやりと君といたあの日のことや、数年間を振り返って、泣いて、眠りました。そして翌朝起きたら君の卒業式がまた一日、近くなっていました。 きっと君は私みたいに、「魔法のステッキが欲しい」なんて思っていないだろうね。だけどね、私はすごく欲しいんだよ。それぐらい君のことが好き。どうしようもなく好き。そんな好きな人が、私のようなどうしようもない女にたくさん会ってくれたんだから、私はきっと幸せなんだ。 寂しいけどちょっとだけ、バイバイ。お花見はむずかしそうだから、できれば夏までにもう一度会いたいな。数年間、本当にありがとう。
0
9か月 0 想いコメント 183 アクセス 0

想い
チャコちゃん、お久しぶりですね。天国では元気にしていますか? 私も今は結婚して10月には子供が産まれる予定でお母さんになりますよ。想像もつかないかもしれませんね。 最初にあなたが家に来たときびっくりしました。片手に乗るくらい小さくて、真っ黒でどこに目があるのか分からなかったんですよ。でもいつのまにか仲良しになって、私はチャコちゃんがいつも一緒に跳び跳ねたり、お散歩に行ったりしたのを覚えています。跳び跳ねすぎて私がチャコちゃんの足を踏んで折れてしまったこともありましたね。 そして頭が良くてちゃんと言うことも分かっていましたね。しかも、チャコちゃんは沢山子供も産まれましたね。誰が教えるわけでもなく、きちんと子育てをしてみんな立派に巣だっていったことも覚えています。 段々歳がいってお婆ちゃんになって優しい性格で家族を見守ってくれていましたね。私が大学で県外へ出てしまい、たまに帰ると尻尾がちぎれそうなくらい喜んでくれていたのが嬉しかったです。 でも離れてしまったせいであなたが亡くなった時に一緒にいてあげられませんでした。それどころか、20年も生きたのだから大往生だと思ってしまいました。本当にごめんなさい。思い返すと何を考えていたんだとあなたに申し訳ないです。 あなたはずっと私の支えになってくれていたのに。まだ一緒にいられると思っていたのに。 20年も我が家を見守ってくれて幸せな時間をありがとうございました。大好きです。 私がそちらに行った時はまた一緒に跳び跳ねたりしましょうね。本当にありがとう。
0
2年 0 想いコメント 503 アクセス 0

想い
5年でも10年でも待ってる 最後に送ったメールをあなたは見てくれたかもわからないけど 別れてから3年 やっと思い出すことも少なくなりました あなたからもう続けられないとメールがきた時、いつかこういう時がくると覚悟はしていたけど受け入れるしかなくて でもずっと後悔していました back numberの「思い出せなくなるその日まで」っていう曲、当時の私の気持ちぴったりでよく聴いていたなぁ~ あなたとの思い出がたくさん住み着いていて、どこで何をしても思い出して本当に辛い日々だったけど、きっとその想いも私だけじゃない、あなたもきっと辛かったよね そう思って1日1日を過ごしてきました 私にとって運命の人でした 今もこれからも大好きです あなたと過ごした日々は私の宝物です ありがとう
0
1年 0 想いコメント 512 アクセス 0

想い
ずっと、あなたと暮らすはずでした。家庭内別居は辛くて寂しい日々でした、でも一緒にいるだけでよかったのに耐えられなくなり出ていきました。離婚届を最終的には私が出したのですが、やっぱり後悔してます。その後も連絡あったのに意地をはりました、馬鹿でした。 寂しくて他の人と出会い、地元の人だから母親を安心させたくて、言い寄られたから結婚しましたが束縛とDVが始まり、苦しみ5年後に調停離婚しました。 再婚を隠してて、ごめんね。別居中なのに黙って昨年、会いました、夢のような時間でした、ありがとう。 会えた時に言えなかったけど、私は生涯、あなただけを愛し続けます。 本当に辛くて泣きそうなのも、抱きつきたいのも、我慢してました。我慢しなければ良かった。もう会ってくれないとは思わなかったから…ずっと待ってます。
0
4か月 0 想いコメント 92 アクセス 1

想い
ねぇ。最後の電話はわたしだったんだよね。 結構いろいろ話して。俺が言えば、お前今の彼氏と別れるろ?って。いつも自信家なあなたは言ったよね。わたし、今の彼氏に悪いから、別れないよって言っちゃったんだ。その後、もう眠いから切るって言って電話切ったけど、それが最後。ほんとに最後。 もう、10年前だけど、今でもあなたがいたら、話したいことがたくさんあるよ。わたしの名前を呼んでくれるときの声の出し方も、音程が外れちゃうけど、わたしが好きって歌ってくれたときの歌声も、口癖も、機嫌があんまり良くないときの生返事の相づちも、全部覚えてる。忘れないよ。わたしばかり歳をとって、大人になって、いつまでわたしはここにいるのかな。子どもも出来て、なかなかお墓参りに行けなくなって。 たまにミスチルとか、宇多田とかのあの頃の歌を聞くと思い出して。あなたなら、あなたならってたくさん考えても口に出せなくて、心にしまって。読んでた漫画、終わったのもあるし、まだ終わってないのもあるし。 ねぇ、たまに夢で逢うのは、逢いたいってわたしが思うから? ねぇ、たくさん、話がしたいよ。32歳になっていたらあなたは何をどこでしていたのかな。 どこでもいいよ。頑張れば会えるところにいてよ。 不確かなところにいかないでよ。
0
2年 0 想いコメント 328 アクセス 1

想い
あなたと初めてデートしたのは私の誕生日の2日後だったね。 何か欲しい物ないの?ってまだ付き合ってもないのに聞いてくれた。 私がワッフルメーカーがほしいって言ったらあなたはデートの途中で色んなお店に寄って捜し物をしだしたね。 何探してるの?って私が聞いたら仕事で使う物って言ってた。 後で聞いたらワッフルメーカーを探してたって言ったよね。 嬉しかったよ。本当に。 寝起きで財布と携帯だけを握って高速で1時間半かけて突然会いに来てくれた時も嬉しかった。 あなたが仕事を独立してするようになってお互いにズレ始めた。 特に時間。あなたはお休みが取れなくなった。それでも月に一度は私の為に休みを取って朝から丸一日一緒にいてくれた。 本当にありがとう。大変だったよね。 あなたに突然別れを告げられてから自分なりに色んな事を考えたりあなたの仕事も勉強した。 大変な仕事してたんだね。とても人に感謝されるお仕事してたんだね。ごめんね。もっと早く知ろうとしていればこんな事にはならなかったのに。 大変なのにワガママばっかり寂しいばっかり会いたいばっかり言ってごめんね。 突然別れを告げられた日にあなたのLINEミュージックが変わったよね。 言葉以上…って歌に。 本当はまだ好きでいてくれてるんだよね。 だから待ってるって返事したんだよ。 考え直してほしいって。 すぐじゃなくていい。ずっと待ってる。 一緒にいたら私をもっと傷つけてしまう。 ってあなたは言った。 一緒にいてくれない方が傷つくよ。 好き同士なのにどうして一緒にいられないのかな。 私、変わるから。待ってる間に。 愛してるよ。 本当はちゃんと顔を見て伝えたかった。 また一緒に笑える日まで待ってる。
0
11か月 0 想いコメント 166 アクセス 0

想い
当時はまだ若かったのでどれだけあなたのことが好きでも家族を振り切ってまであなたと海外についていくという決断はできず、最終的には別れることになってしまいました。 バイト先で初めてあったとき、周囲の人が適当に働く中、真面目に働いていたのでいい印象がありました。当時は同年代の男性はどちらかというとチャラい印象が合った中、昭和っぽい雰囲気を醸し出していたことから、なかなか他にはいないタイプの男性だと思って気になってはいました。 交際して1年ほどしてから、突然プロのサーファーになりたいと言ってハワイへ留学することを決めましたね。一方的に別れを告げられてそのまま海外へ旅立ったときは辛かったです。 まさか海で亡くなってしまうとは、思いもしませんでした。 当時はついて行けなかったことは仕方ない、また別の男性と恋愛すればあなたのことなどすぐに忘れられると思い込んでいたのです。しかしそれから15年近く経った今でも私はあなたのことを忘れることはできず、別れたことを後悔しています。 どれだけ周囲から反対されていても自分の思い通りに動いて仕事も家族も全て捨ててあなたの元へ行けばきっと幸せになっていただろうと思っています。 実をいうとあなたと別れた後にはあなたとの思い出を忘れるために多くの男性と出会い、あなたよりも魅力のある男性を探し続けていたのです。そして男性と知り合うとあなたが知っている純粋な私と違って、すぐに近づいたり実際にお付き合いをするといった何かと気の多い女性に変貌していたのです。 あなたよりも断然魅力があると思った別の男性と結婚してしまい、今では子どもも2人います。しかしながらあなたとこれまでに出会ってきた男性、そして現在の夫と比較するとあなたの方が断然魅力があるのです。 本当のことを言うと、今でも夫や子どもなど今自分が得たものを全て捨ててまだ海外で一人で暮らしているというあなたの元へ行きたいくらいなのです。 もし今逢えるのであれば、一度でもいいから今でも忘れられず好きだということを言わせてください。そしてそのままあなたのいる場所でずっと一緒にいたいのです。
0
2年 0 想いコメント 415 アクセス 0

想い
両思いの時期があったけど付き合うことが出来なかった貴方へ。 あれから10年以上経ちました。 全く連絡が取れなくなってしまったけど未だに忘れられずにいます。 まだ昨日の事のように思い出せるのです。 果たせなかった約束もまだ覚えてます。 ○○に行こうね、あの映画を見に行こうね。 最後に貴方からもらった言葉は「また遊びに行こうね」でした。 叶わないと知りながら、ずっと待ってる私がいます。 あれから私は結婚して、子供も生まれましたが今でも好きなのは貴方です。 旦那は貴方と違い自己中で、暴言も吐かれるので辛いです。 子供の父親が貴方だったらと何度も思いました。 貴方と歩いた道が、道路拡張の為壊されて行く姿を見て自分の身体も傷付けられるように心が痛み涙が出てきました。 かなり昔の事なのに、気持ちが悪いですね。
0
2年 0 想いコメント 366 アクセス 0

想い
もう会えないあなたへ もし、もう一度言葉を届けることができるなら、許してほしいなんて思わないけど、それでも謝りたいです。 7年前、もし好きでしたって伝えてなかったら、両想いだったことに気づかなかったら、好きというだけの軽い気持ちで癌と闘っているあなたと付き合ったりして傷つけたりしなかったら、、、それでもあなたが死んでしまうという事実は変わらなかったかな。本当に好きだった人に死んでやると言わせるほどひどい別れをしてしまって、半年後に亡くなった事実を知りました。わたしは本当に最低です。 その後、わたしに彼氏ができました。その人の弟の彼女はあなたの友達でした。わたしはその女の子からお墓の場所を教えてもらいました。あなたが教えてくれたの?勝手だけど、毎年会いにいきます。あなたと再会した日に。
0
9か月 0 想いコメント 207 アクセス 0