想い
一緒にいたのは大学入学のときから4年生のゴールデンウィーク前までっていう短い時間だったけど、仲良くしてくれてありがとう。 一緒にカラオケに行ってハモリ合ったり、CDの貸し借りして感想を話し合ったり、楽しかったね。そうやって一緒にいた時間もそこそこあったのに、体調が悪いことに気づいてあげられなくてごめん。 入院してからは手紙のやりとりでいろんな話をしたね。いちばん最後にもらった手紙の、いちばん最後の行。「体調に気をつけてね」って書いてくれたんだよね。 自分は病気で大変なのに、こっちのことまで気遣ってくれて。最後の最後まで、ずーっと優しくしてくれて、嬉しかったよ。 お葬式の前に、お母さんに「見てあげて」って言われて棺桶の中の姿、見たけど、何が起こってるのかよくわからなかった気がする。信じられないっていうか。 成人式のときに着たっていう着物、綺麗だったな。今でも、本当は亡くなったんじゃなくて、北海道に遊びに行ったら会えるんじゃないかなんて気が、ときどきするよ。 会えないって頭ではわかってるんだけど、なんていうんだろう、実感が伴わないっていうか。親に「そろそろ持ってた方がいい」って言われて準備した喪服、一番最初に着たのがあなたのためだったなんて、今でも信じたくないけど。 とりあえず、私はどうにか生きてる。ありがとう。そっちに行ったら、またよろしくね。
0
2年 0 想いコメント 421 アクセス 0

想い
いつもバイト先に来てくれたのに、しばらく来てくれなくて会えてなくて、ほんと久しぶりに顔だしてくれて、またみんなで集まろうよ?とか、たわいない会話して、またね!ってほんとそんな感じの会話が最後だったなんて。 しかもバイト先での会話だったからちゃんと喋れてないし。でも、亡くなる前に会えてよかった。本当にあのときシフトかわっててよかった。本当にあれが最後の姿なんだね。死んでほしくなかったよ。 小学生の頃から絡みがあって、もう初めて出会ったときから9年経つのか。猿みたいで足が速くてみんなから絵が上手って言われて嬉しそうだったし、誰よりも1番先に進路決まっててほんとにおめでとーってしたのが懐かしい。 今でも家の前を通ると遊んでたこととか思い出すし、お葬式でみたあなたの顔を忘れません。なかなか線香あげにいかなくてごめんね。まだ、死んでしまったっていう実感がわかないよ。 こないだお母さんと妹ちゃんコンビニに買い物来てくれたよ!妹ちゃんにお兄ちゃんの友達?って聞かれたときは少し泣きそうになっちゃった笑。いつまでもみんなに心配かけるなよ。生まれ変わったら、遊んだりしてみんなに姿見せてよ。また、元気な姿でみんなに会いに来てよ。待ってるね!
0
2年 0 想いコメント 267 アクセス 0

想い
今年もお墓の前で会うことは出来ましたがそちらでも相変わらず、元気いっぱいに過ごしていますか?きっとあなたの事だからお母さんとたまに派手な喧嘩しながら2人で楽しく過ごしていることと思います。 背が小さくてかわいいけど気が強く男っぽい性格だったけど、ガンには勝てなかったんだね。31歳という若さで亡くなってしまったあなた。 私が吐き気をして休憩室で休んでいるとあなたは『無理なんてしなくていいから今日は帰ったら?』と声をかけてくれましたね。『私もガンで何回も入退院を繰り返してるんだ。』と話してくれた時のことを私は今でも鮮明に覚えています。 正直あの時、あまりに壮絶過ぎて返す言葉がありませんでした。でもあなたはそんな事、全く感じさせない明るさがあったのでとても惹かれたものがあったんだと思います。ああやって声をかけてくれてその後も遊びや食事に連れて行ってくれなかったら私は仕事を辞めてと思います。 本当に感謝しています。 ご主人の転勤で東京に行ってしまうことを聞いた時は中々会えなくなるんだなと思ったらとても寂しくなりました。東京に行ってすぐあなたはガンを再発し、2度目の検査で脳の中にも取りきれないくらいの腫瘍が出来たと連絡をくれましたね。それでも私はあなたが亡くなってしまうなんて想像もつきませんでした。 何度も行き来して会えると思っていたのにタイミングが合わず最後まで会えなかったこと、今でも後悔しています。 やっぱり綺麗な顔を見てほしかったから亡くなった後のお化粧をお友達に頼んだんですよね?お洒落好きなあなたらしいです。棺の中にいるあなたはとても綺麗でしたよ。 今、私は3歳になる男の子のママなんです。あの頃の私からは想像出来ませんよね。でも妊娠した時はあなたの生まれ変わりなんじゃないかと思いましたし自分がガンだから子どもは作らないと言っていたあなたに変わって私に降りてきてくれた子なんじゃないかなと思いましたよ。 毎日、大声あげながらですが1対1で向き合って大事に大事に育てています。出来るなら一緒に成長を見守っててほしかったです。 いつもダメ男ばかりに引かれ心配をかけていた私ですが今は仕事に真面目な主人と死ぬほどかわいい子どもと一緒に幸せな日々を送っています。 毎年、3月になると卒業ソング特集でレミオロメンの3月9日が流れてそのたびに私はあなたを思い出すんです。曲を聞いて泣いてしまうと子どもがティッシュを差し出してくれるんです。優しいですよね。あなたのような周りに気を配れる真の強い人に育ってほしいです。 来年は今年より多くの人を集めてお墓参りに行くので楽しみにしててくださいね。それではまた、お元気で。
0
2年 0 想いコメント 376 アクセス 0