つらいこともたくさんあったけれど、それでも笑えて暮せたのはゲンがいたからこそ

想い

ゲンは、もう分かっているでしょうけれど、我が家の家族になってくれてありがとう。

会えなくなって3か月ほど経っていますが、数年経過しても忘れるわけがありません。ゲンと一緒に暮らせた日々は、笑ったり泣いたり本当にかけがえのない8年と3か月でした。

言葉にすることができない犬だけど、たくさんの気持ちをありのままに投げかけてくれたね。病気がある家族であり、つらいこともたくさんあったけれど、それでも笑えて暮せたのはゲンがいたからこそ。頑張ろうという気持ちにさせてくれたことは、感謝でいっぱいです。

縁は不思議ですね。あのお彼岸の日にゲンが来てくれなかったら、捨てられていなかったら、生涯出会うことはなかったのです。ゲンのことは心にしっかりと残り大切な思い出になっているのは間違いないです。

安心してゲンも幸せになってね。

向こうへ行く直前、これほどの悲しさ、寂しさはなかったのですが、泣いてばかりではゲンがこれから向こうで果たす役割を持ってもらってもらったのに、足を引っ張るようではいけないと思ったことで、私も強くなれました。

絆は深かったのだと離れて初めて知ることだったのです。ゲンはゲンらしくその愛くるしい瞳のままで元気に暮してくれることを願っています。

最後になりましたが、言うまでもないかと思うけれど、ゲンと言う名前は元気のゲンから取りました。その名前の通りにこれからも出来るだけ健やかに元気で居てね。私たちも負けないように元気に暮すからね。また、ドライブに来てくれるチャンスがあったら、顔を見せてね。

いつまでも、変わりないゲンでいてくれることを願っています。

0
jahxgzpugshpb 2年 0 想いコメント 351 アクセス 0

コメント