死ぬ数時間前まで一緒にいたのにね。こんな私を恨んでくれてもいいよ。あなたを助けられなくてごめんなさい

想い

いつも一緒にいたあなたへ。

まずはごめんね。いつも一緒にいて、姉妹のようだった私たちだけど、いつも私を気にかけていてくれたあなたと違って私はあなたの悩みやさびしさ、苦痛に気付いてあげられなかったね。死ぬとき痛かったでしょう。そんなつらい思いさせて本当にごめんなさい。

幼稚園からずっと一緒だったよね。小学校や中学校も一緒。高校は別々だけど、おとなになってからも一緒にいたね。

成人式のとき、こっそり手紙をくれたのは嬉しかったよ。悩んでた私に対する応援の手紙だったね。それは今でも読み返してる。落ち込んだりさびしくなったとき、その手紙で励まされてる。

あと、カラオケにもよく行ったね。私と違って歌が上手いところにすごく憧れてたんだよ。

今でも「あの時に戻れれば」って何度も思うけど、やっぱりあなたを助けられることができない。死ぬ数時間前まで一緒にいたのにね。こんな私を恨んでくれてもいいよ。あなたを助けられなくてごめんなさい。

それから、ありがとう。私と一緒にたくさんの思い出を作ってくれてありがとう。喧嘩して嫌になったときもあったけど、いまではそんな喧嘩も懐かしいです。それ以上に、楽しい思い出とか気持ちも、思えばあなたはいっぱい私にくれました。それに気付いたのもあなたがいなくなってからです。

すっごくさびしいけど、あなたはそれ以上に悲しい気持ちだったんだよね。死ぬ前の時間、あなたは何を考えてたんだろう。もう死にたい、死んでしまいたい、と考えてたのかな……。そして自分で死を選んでしまったね。

天国では穏やかに過ごせていますか?それが私の一番の願いです。天国ではあなたが楽しく暮らしていますように、と祈ってるよ。できれば、私がいつかそっちに行ったとき、また一緒におしゃべりしたり遊んだりしてくれると嬉しいです。

ただ、あなたにもう一度会いたいです。会いたくて逢いたくて、逢いたいんだよ!

いまでも、死んだことが嘘なんじゃないか、とか、これは夢なんじゃないか、とか、たまに思うけど、あなたのお墓とかは実在していて、夢じゃないんだと思い知らされます。逆に、たまに私の夢に出てくるあなたは本当に活き活きとしてます。そういった夢を見たときは楽しいし、嬉しいです。

あなたの歌もまた聞きたいなあ。死んだ人の声は忘れてしまうって言うけど、私はあなたの歌声、なかなか忘れられません。
天国で風邪ひかないようにね。たまに歌いながら、どうかのびのびと暮らしてください。

0
pausxuxcxpjyn 2年 0 想いコメント 393 アクセス 0

コメント