想い
あなたに出会ったのはもう4年前になるのかな。第一印象、うわ〜 なんかチャラそう笑 見た目が派手だからそんなふうに勝手に思ってたんだ。でもね全然違った。寂しがり屋の甘えん坊。凄く優しくて誰よりも私のこと思ってくれてた。大好きでした。誰よりも。愛してた。。あなたには奥さんがいてわたしにも彼がいた。それでも私はあなたが好きすぎて、どうしようもなかったんだ。一緒の時は何もかも忘れてただただあなただけを見てた。運転する横顔。煙草の匂い。笑った時の愛おしい顔。そして私の名前を呼ぶあなたの声。全てが好きで時が止まればいいと何度も願ったんだ。でもそんな日々もずっとは続かない。会えなくなって2年がすぎた頃偶然あなたを見かけた。思わず連絡したゃった。あの頃とは違う。私も結婚して子供もいる。だけどあなたのこと忘れた事なんてない。だってあんなに好きになったのあなただけだから。お互いにわかってるから連絡取らなかった。でもまた前みたいに。。そう願う私がいる。神さまもう一度だけ
0
1か月 0 想いコメント 55 アクセス 0

想い
あなたは私の幸せを壊して裏切った人。 なのに何故か私はあなたを今でも愛しています。 あんなに傷つけられたのに、あんなに心も体もボロボロになったのに。 それでも傷つけられた記憶より幸せだった記憶の方がいつも蘇る。 走馬灯みたいに出会った時から幸せだった日々が駆け抜けて私の心を締めつける。 どうして嫌いになれないんでしょうね。 嫌いになれたら楽なのに… 思い出にできたら楽なのに… 嫌いになれなくて、思い出にできなくて今とても辛いです。 気丈にしていますが私の心は壊れそうです。 いっそのこと壊れてしまえば楽になれると思います。 私の中のあなたは今でも笑顔で私の名前を呼んでいます。 私の大好きなあの笑顔で… 本当に愛しています。 今すぐ強く抱き締めてほしい。 会いたいよ…
0
1か月 0 想いコメント 30 アクセス 0

想い
友だちと言うか、幼なじみ。 顔はそれほどかっこよくないし、もういい年やし、奥さんも子どももおるし…。 しかも成人式以来、会ってないし。 中学3年生の時、本当に大好きやったけど、関係が壊れるのが嫌で告白しなかった。 そしたら、小学校の時、同じ塾に通ってた女の子と付き合った。 すごく、後悔した。 まあ、関係が壊れるかもと思って、告白しなかったわたしが悪いんやけどさ、そうなるんなら、関係が悪くなってもいいから告白すればよかったよ…。 その未練から、今でも、わたしは旦那とは別の意味で好き。 夢で見るくらい、好き。 お互い、結婚しているけど、想うくらいなら許されるよね…?ね?
0
2か月 0 想いコメント 59 アクセス 0

想い
両思いの時期があったけど付き合うことが出来なかった貴方へ。 あれから10年以上経ちました。 全く連絡が取れなくなってしまったけど未だに忘れられずにいます。 まだ昨日の事のように思い出せるのです。 果たせなかった約束もまだ覚えてます。 ○○に行こうね、あの映画を見に行こうね。 最後に貴方からもらった言葉は「また遊びに行こうね」でした。 叶わないと知りながら、ずっと待ってる私がいます。 あれから私は結婚して、子供も生まれましたが今でも好きなのは貴方です。 旦那は貴方と違い自己中で、暴言も吐かれるので辛いです。 子供の父親が貴方だったらと何度も思いました。 貴方と歩いた道が、道路拡張の為壊されて行く姿を見て自分の身体も傷付けられるように心が痛み涙が出てきました。 かなり昔の事なのに、気持ちが悪いですね。
0
2か月 0 想いコメント 40 アクセス 0

想い
じいちゃん。もう何年経つかな。亡くなる2ヶ月前にお見舞いに行ったときね、なんか、なんか、帰りたくなくて、でも帰らなきゃならない時間になって、そしたら、じいちゃんが、ベッドに横になってたじいちゃんが、こっち向いてさ、私の名前を呼んだんだよね。5歳のころと同じ呼び方で呼んだの。「ん?」って返事をしたら、じいちゃんさ「じぃじ大丈夫だ」って言ったんだよ。あれがさ、忘れられないのさ。でもさ、じいちゃんはウソつかないから、 「また、来るね」って帰って、すぐに2ヶ月後の飛行機とって、今度は妹と帰ろうとしたのに、帰る日の1週間まえだったかな。妹ともうすぐだねって話してた頃、パパから電話でね、聞いたんだ。じいちゃんが亡くなったからって。パパとママは、無理して帰ってこんでいいからな、好きにしなって言ったけど、じいちゃんのこと送りに帰らないなんて考えなかったよ。妹とね、笑ったの。「じいちゃんは、私達が何度も行ったりきたりしないように、タイミングはかったのかね」って。「じいちゃんらしい」って。声が聞こえる気がしたよ、「なんもなんべんも飛行機代もったいないべ!1回でいい!」ってね。言いそう!って今でも妹と笑うんだ。じいちゃんのひ孫は3歳になったよ。一番会わせたかったな。じいちゃんが死ぬって思わなかったんだ。よくわかんないけど、いなくなるって思わなかったんだ。医者嫌いで薬嫌いで、病院にいたら長く生きられたかもしれないけど、ばあちゃんも大変だったけど、最後にあったときのじいちゃんは、なんかいつもどおりで、嬉しかったのを覚えてるよ。病室なんて似合わないから。柵付きのベッドに寝てたじいちゃんは、定位置に座って、ばあちゃんが育てる観葉植物があって、小さなファミコン用のテレビの前で晩酌してたじいちゃんと重なって見えたんだ。結婚式間に合わなくてごめんなさい。今だって挙げてないけどね。ひ孫遅くなってごめんなさい。こないだ、久しぶりに連れて帰って、ばあちゃんちに行って、壁にあるじいちゃんの写真を見たら、やっぱり、泣けてきちゃって。じいちゃんがどれだけ、私達を思ってくれてたか、毎日うちに来て雪はねして、玄関から「じーじ帰るぞ」って声かけてくれたとき、なんで送りに行かなかったんだろう。子供ってさ、ひどいもんだね。 食べれないおかずを「どれ、じーじによこせ」ってニコニコしながら食べてくれたじいちゃんともっと話せばよかった。今の仕事に就いたとき、「お前はじーじの家系だからそういう仕事するんだな、じーじの孫だな」ってニコニコしながら話してたの忘れられないから、今の仕事辞められないよ。私の息子のことを目を細めてみてるパパとママを見て、いつも味方してくれたじいちゃんのことが、私は大好きなんだなーって実感しています。大好きです。愛してます。「なーによ」って笑われそうだけど、じいちゃんみたくなりたい。私も歳を重ねて天国にいったら、じいちゃんにいろんなこと話したいな。大人になってから、もっと話したかったな。またね。また遊びに行くね。ときどきは、ばあちゃんに会いに行ってね。
0
2か月 0 想いコメント 60 アクセス 0

想い
こんにちは。お久しぶりです。一日一度は「会いたいな」と声に出さずにつぶやいて、もう癖のようになってから、しばらく経ちます。どうしてますか?身体壊したりしてませんか?一人で寂しく過ごしてませんか?あなたは寂しがりだから。 お兄ちゃんみたいな存在だったなと思うので、今、思い出すときは「兄さん」と呼ばせてもらってます。 誰かと話したいとき、ドライブしたいとき、苦しいとき、ただ抱きしめてほしいとき、兄さんに会いたくなります。 あなたにとっての私は、私にとってのあなたのような存在では、きっとなかったけれど、それでも、いい思い出しか浮かびません。 いつも「素晴らしい」と褒めてくれたこと、なにかにつけて「いいじゃん」と言ってくれたこと。 それこそ、あなたにとっては癖のような言葉でした。本心じゃないとわかっていても その時はどんな言葉もたまらなく嬉しかった。どの瞬間もたまらなく嬉しかった。いつか終わらせないとならないことはわかっていたから、期限つきで愛してました。 私の毎日は、あなたに会うまでの記憶がうすれるほどつまらなかった。 あなたに会えなくなってからのあなたの記憶もうすれるほど、今は、とてもいい日々を送っているのかなと思います。 あなたが後ろから「大丈夫」と言ってくれないので自信はないけど。 自信は、ないけど、息子が生まれて3年経ったんですよ。かわいくてたまらなくて幸せなのです。私の唯一の味方、息子にも私しかいません。 自分でやりたいことがうまくいかなくて落ち込む息子にかける言葉は、あなたにもらって嬉しかった言葉ばかり。 「大丈夫、大丈夫」「ママが大丈夫って言えば大丈夫なのよ」なんて、えらそうに。 あなたが「俺が大丈夫って言えば大丈夫になっちゃうんだから」と私を助けてくれたように。味方がいると感じられました。 ステキな思い出だけが浮かんで、嬉しくなってしまうときは、 やっぱりあなたにとっての私は、私にとってのあなたのような存在では、間違いなく、そんな存在ではなかったと言い聞かせています。そうしないと、今を生きられないから。今をやり過ごせないから。 あの頃がよかったと認めたら、兄さんのいたあの頃がよかったと勘違いしたら、今を生きられないから。 兄さんにとって私がなんでもなかったと、受け止めて、認めて、あなたのことを悪者にして、手足が痺れるほど身体と心いっぱい悲しくなって涙を流さないと、あなたに会いたくなってしまうから。 でも、こうして会いたくなったとき、こうして紙を残せたら、あの頃言えなかった気持ちを伝えられたような気がして、今を生きることができます。誰にも言えないから。誰にも言えないから。 寂しいときは、昔みたいに電話ください。なんて言えないのです。電話がきたら、出てしまうから。また、あなたに会いに行ってしまいそうだから。じゃあ、兄さん。もう行かなきゃ。また、今度。
0
2か月 0 想いコメント 45 アクセス 0

想い
じいちゃん。もうそっちに行って19年もたつね。ばあちゃんには会ったかな?ばあちゃんがね、独りで玄関のところで足を骨折した時『じいちゃん助けて』って祈ってたら民生委員の人が、たまたま通りかかって救急で病院に運ばれたって聞いたけど、やっぱり、じいちゃんが助けたの?いや助けてくれたんだね。 俺が小さい時から本当に、可愛いがってくれたね。弟がガチャガチャで取ったものが自分も欲しいって言ったら、それが出るまでガチャガチャを回して、20個のカプセルを店の人が持って来た袋にいれながら、子供ながらに『もう、いいよ。じいちゃん』って言った自分に 『これが欲しいんだろ?』って一番上のカプセルを指さしてさ。結局、空になるまでガチャガチャ回したね。家に帰ったら、弟には自分も欲しいって泣かれて、母ちゃんには叱られて、ほとんど弟にあげる羽目になったね。別に悔しくはなかったよ。だって最初に欲しいって言ってた物よりたくさん良いものがあったんだよね。 いつも親とかには、『お兄ちゃんなんだから、我慢しなさい』って言われてたけど、じいちゃんは長男の俺をいつも特別扱いしてくれてたね。最後のお年玉なんてさ、ポチ袋パンパンだったから千円札が入ってれのかと思ったら、万札って・・・。しかも額が・・・。ありがとね。でも今思うとあれは入れすぎだったよ。あそこで弟と差をつけなくても良かったのに。差分は、弟に俺から渡したけどね。俺が他人をひがんだりしないのは、じいちゃんの育て方のおかげかな? 弟は結婚して、子供が3人、俺もおじちゃんになったよ。じいちゃんみたいに甥っ子を可愛いがってるつもりだけど、たまに弟の嫁さんに『お義兄さん、あんまり買い与えないでください』って怒られるんだよね。でも『俺のじいちゃんは、こんなもんじゃなかったよ!』って心の中で叫びつつ、『ごめんなさい』と言ってる。 じいちゃん、葬式に行けなくてごめん。 行かなかった事、行かなかった理由。 実は当時の彼女の誕生日がじいちゃんの命日なんだ。彼女の誕生日を祝うって約束してて、言えなくて、 19年間ずっと、ずっと、ずっと後悔してる。多分これからもずっと。 俺も結婚して5年。 嫁さんが入院して手術する時も、じいちゃんに助けてって祈ってたね。 助けてくれてありがとう。 本当にありがとう。 じいちゃんの命日忘れないよ。 俺の嫁さんの誕生日が じいちゃんの命日なんだよ。 じいちゃんと過ごした19年。 嫁さんと過ごした19年。 じいちゃんとばあちゃんには 敵わないけど 良い夫婦になれたらなって。 じいちゃん ありがとう。
0
2か月 0 想いコメント 60 アクセス 0

想い
逢いたい 逢いたい 逢いたい 逢いたい 逢いたい 死ぬ迄にもう1度逢いたい 昔みたいに思いっきりぎゅーて 抱きしめて欲しいよ・・・
0
2か月 0 想いコメント 81 アクセス 0

想い
あたしは離婚してシングルマザーに。 そんな6年前に出会ってすべて受け入れてくれたあなた。あたしの事より子供の事を一番に考えてくれた。そんなあなたと結婚したいと思った。 でもあたしは自分にまったく自信がなくてあなたを苦しめた。自己嫌悪になって結局は別れを選んだ。 あたしも再婚してあなたも結婚してお互いあの時別れてよかったのかなと思う。 しばらくは連絡もとらずにいた。 でも偶然って本当にすごいね。 偶然が重なってあたしたち友達に戻ったよね。辛い時は話しも聞いてくれたし何よりあたしの性格をよくわかってくれてた。今まで男の人の前では強がって言いたいことも言えなかったあたしがあなたの前では初めてさらけ出せた。子供の事もよく考え遊んでくれて年下だけどあたしの事全力で支えてくれた。今でも会おうと思えば正直会えるんだろうけど会えば自分の気持ちが揺らぐのもわかってるから絶対会えない。 でもあなたはあたしの一番好きな人でこれから先もそれは一生変わる事はない。
共感されています 0
3か月 1 想いコメント 159 アクセス 0

想い
あたなとほんとに付き合っているのもわからず、でもそんな関係で、お別れをしていまい、、もうなくなった存在だったのに、また。。今度もまた違うようにまた好きでドキドキできないのかな?? お互いよくできないのかな。 今がつらい。何とか打破したい。神様助けてください
0
3か月 0 想いコメント 82 アクセス 0