想い
美歩、そっちで元気にしてますか? 2011年3月11日、あの地震が来てから、あなたの具合がどんどん悪くなっていったことが今でもずっと忘れられません。 毎年、あなたの命日3月21日が近づくと、胸が痛くなり涙が止まりません。 私はずっとあなたを姉のように思って生きてきました。 私が小学1年生の頃、小さなあなたは我が家に来ました。 気づけばあなたは私より年上になっていて、宿題をする私のそばにいつもいてくれました。 初めて彼氏ができたときも、真っ先にあなたに報告しました。 初めて失恋したとき、私の涙をペロペロ舐めて慰めてくれましたね。 私が学校から帰ると、お気に入りのソファを独り占めして、お腹を出してスヤスヤ眠っていましたね。 私がバイトから帰ってくると出迎えてくれて、よく夜の散歩に行きましたね。 あなたがこの世から去ってしまうまでの数日間、離れたくなくて延命治療することを選択してしまいました。 点滴をしたり、病院に泊まったり、私のエゴであなたを振り回してしまった気がして、今でも後悔しています。 本当は、あなたは苦しんでいたかもしれない。苦しむ時間を伸ばしてしまったのかもしれない。 それでもまだそばにいてほしいと思ってしまいました。ごめんなさい。 離れたくなかった。まだ一緒にいたかった。でも、お別れは決まっていて。 あなたがいなくなってから、私はどうやって生きていたのか思い出せません。 涙が枯れることはなくて、私は仕事も辞めて引きこもりました。 朝、目が覚めて、リビングに行ってもあなたの姿がないことに、心が耐えきれなかった。 でもね、それでも今を一生懸命生きてるよ。 いつか必ず会えるから、待っててほしい。 私がそっちに行ったら、一番に駆け寄ってきてほしい。 約束だよ。
0
2週間 0 想いコメント 30 アクセス 2

想い
またよりが戻ると思って簡単に別れを受け入れちゃったけど、結局よりが戻らず…ヤケクソで他の人と結婚しちゃった…私って馬鹿だよね. 時が戻せるならもう一度貴方と付き合いたい。 あの時できた子供を絶対産んだのに…。私のわがままで…赤ちゃんごめんなさい…。2人に会いたい…
0
1か月 0 想いコメント 59 アクセス 2

想い
元気ですか。あなたがいなくなってもう2年も経っちゃったよ。信じられへんよね。 この2年で私だいぶ変わったよ。旅行の時話してたあの人と結婚して子どもができた。びっくりやんね。 いっぱいしんどいことはあるけど、なんとかやってるよ。こないだごくせんの再放送やっててさ、あー好きやったなー見たかったやろな、って思った。 いくらなんでも突然で早すぎた。もしあの時電話してたら、とかあの日会う約束してたら、って何回も思う。助けてあげれなくてごめんね。 いっぱい話したいことが溜まってるんよ。 夢でいいからまた出てきてや。 地元帰ったらまた顔見せに行くね。そっちでも元気でね。
0
5か月 0 想いコメント 182 アクセス 4

想い
DA君、お元気ですか?もう結婚しちゃったかな? 3年前に出会って、顔も温厚な性格も私の好みにドンピシャで付き合うことになれて幸せでした。 凄くあなたはロマンチストで少女マンガのような毎日胸がきゅんとなる楽しいデートをしてくれて、今まで生きてきた中で一番幸せな時期でした。 そんな幸せな時に調子に乗ってしまい、思いやりを持たなくてごめんなさい。 当時はなんだか恥ずかしくて茶化してしまったり、毎日毎日メールしたかったし、好きって何度も言いたかったけど、恥ずかしさと変に遠慮してしまって出来なかった。 だから離れることになってしまったのかな。 最後に私の気持ちを伝えることができなくて、できればまたもとに戻りたくて、時々思い出してしまいます。 もし、またどこかで出会えることが出来たら、話し合いたいです。逃げられそうだけど。
0
5か月 0 想いコメント 178 アクセス 2

想い
Hさん、会いたいです 初めて会った時から私の頭の中はあなたでいっぱいでした。 こんな感情を抱くのは本当に初めてで、戸惑いもかなりありました。 あなたの可愛くはにかむ笑顔や真っ直ぐな目と心に私は一瞬で心を奪われました。そして信じられないくらいにピッタリと趣味が合うということを知った時、その思いは確信へと変わりました。あなたといた日々はわたしの人生の中でかけがえのない思い出です。いつも本当に楽しかった。 あなたからわたしへの想いを聞いたとき、本当はすぐにでもあなたの元へ行きたかった。でもどうすることもできなかった。 クソにひどいことをされたり言われたりするたびににあなたのことを思い出します。 全てを捨ててあなたのもとへ行くべきだった。 まだ大丈夫、想いを伝えるのはもう少し時間が経ってから、、なんてことをうじうじ考えている時、あなたは突然天国へ旅立ってしまいましたね。 本当に突然すぎて、未だに理解ができていません。びっくりしすぎて泣くことすらできませんでした。わたしがあの時ちゃんと想いを伝えていればあなたはまだ生きていたのかな?後悔ばかりする毎日です。そうしてクソのせいでお別れもちゃんとできないままもう1年が経ちました。 Hさん、本当はあなたのことがずっと大好きでした。たまらなく大好きでした。本物の愛を知りました。ちゃんと伝えられなくて、ちゃんとお別れできなくてごめんなさい。怒ってるよね? 来世では必ず一緒になりたい。その前に、天国であなたとまた会って笑い合える日を楽しみにしています。わたしもはやくそっちに行きたい。
0
5か月 0 想いコメント 155 アクセス 4

想い
もう会えなくなって15年。 お母さん。小学生の時、病院で入院するのが当たり前だったから、またすぐに帰って来ると思ってたよ。あの日寝たふりさえしていなければ。 いってらっしゃいって言ってあげれば。 お父さん。自殺なんてして欲しくなかったよ。最期に喧嘩してごめん。仲直りしたらよかった。再婚相手を認めてあげれば良かった。お母さんがいた時から付き合っていたと言われて、どうしても許せなかった。寂しかったんだよね、ごめんね。 ずっと友達が羨ましかった。 大人になってから親とどんな話をしたり、買い物に行って何をしたりとか、親とお酒を飲んだ話や喧嘩した話を聞いても、私は何も知らないから、ずっとずっと羨ましかったです。 私は元気にやってるよ。 もう見守らなくて大丈夫だよ。 大好きでした。
0
6か月 0 想いコメント 172 アクセス 18

想い
弟へ  貴方がいなくなったから、もう一年が経とうとしています。信じられないような、納得するような、なんだか複雑な心境です。  この一年、貴方と過ごした幼少時代について思い出すことが増えました。貴方は私の事をどう思っていたのかな。何だか後悔ばかりしてしまいます。  貴方が居ない人生なんて考えてもみなかったけれど、何とか歯を食いしばって今を生きています。  わたしのたった一人の弟。2人で映画を真似て、「相棒」なんて呼び合ったね。大切な思い出です。  伝えたいことは沢山あるけれど、これぐらいにしておきます。こっちの事は任せとけ。またな、相棒。
0
6か月 0 想いコメント 224 アクセス 10